受け取った明細レシート保持する必要性はあるのか?。結論から申し上げるととっておく重要な理由は特段ないというのが答えです。個人個人で保有していることが個人が会計した証拠をとっておきたいという際保管しておけばいいのだろうし、もしそのような痕跡は必要ないと考える場合には保存する必要はないでしょう。ただ月々送られてくる利用明細書類との確認作業段階には必ずこういったレシートが必要です。明細をその時まではキープしておかないと、どの場所で何月何日どのくらい使ったのか?ということが定かでなくなってしまうだけでなく、誤植や重複した請求の照合作業すら不可能になるため危ないです。おそらくクレカを使用した履歴は明細レシートを持っていないと覚えていることはできません。理想的には使用履歴が手元にくる1〜2ヶ月までは、きちんとレシートを捨てないようにして頂きたい。クレカの利用レシート破棄の手段>利用レシート処分の方法は非常に簡単です。第三者に悪用されないよう、細かく破って廃棄するだけで問題ないのである。自家用機械などが自宅で利用できるならば念のため利用しても良いでしょう。なんと言ってもカードの利用内容を残しているレシートであるため、クレジット番号など、機密の情報について特定されるデータがたくさん入っているのです。所詮利用レシートと考えず、破棄は注意を払って実施したほうがよいでしょう。尚、近頃は防犯対策のためにレシートに番号などの機密の情報が書かれないレシートも出始めているが過度な安心は禁物です。