予測せず思いがけず出会うのが事故です。そこでどうやって行動した内容により自動車保険金の受け取り額もかなり違ってくることも想像されますので適切な考え方と行動力が求められます。思っていないケースで気が動転してしまえば重要な事を逃してしまい、後で己がとても大きな損を受けるケースも考えられるので自動車事故に遭遇してしまったケースは正確に次に記述した対処をします。乗用車の事故をしてしまった状況で最初にすべきなのは怪我人がいるかどうかのかを確認する必要があります。車の事故後は頭の中が真白になってショック状態になってしまう時がありすぐに行動を起こせないのが当たり前です。怪我人がいたら危険ではない地点へ運んでから応急な手当を行って、周囲に助けを求める等して要救助者の優先に努めましょう。119番に連絡する状況でははっきりと事故の場所を伝え分からない場合は付近のよく知られている学校や交差点を伝えて住所が判断できるようにします。その後に警察署へ電話して、事故が発生したことまた現在の状況を告げます。救急車とパトカーの到着を待っている時に相手側の内容を聞きます。姓名、住んでいるところ、免許証、車のナンバー事故の相手の保険会社などなど自分だけでなく相手の情報を伝えます。特に事故の相手方に非があるような場合、そこで結論を出そうとする状況が考えれますが即刻うやむやにするのではなくどのケースにかかわらず警察や車の保険会社報告して正しく判断してもらう事が必要です。互いの情報を交換したら交通のさまたげになるのを避けるために妨げとなる物路上から排除します。万一被害が他の邪魔になっている状況なら、お互いの情報の交換をするよりもこれを行っても構いません。この後に自分自身の加盟している自動車保険会社に知らせ車での事故を起こしてしまった事を告げます。一定期間の間に自動車保険の会社に連絡を入れないと、交通事故の保険の適用されない事態もありますので極力早く電話を入れることが大事です。可能ならば跡として、デジカメやスマホ等を用いて状況やマイカーの壊れた箇所を見ることができる写真を写しておきます。それは落ち度の割合決定するかなり重要な証拠とできますので、自分自身のクルマや相手のクルマの破損箇所を全部証拠として残しておきます。第三者がいたら警官や自動車保険会社の人が辿り着くまでその場所に待ってもらうよう求めることも忘れないようにしてください。